必見!?急激なダイエットは皮がたるむ?

絶対成功する糖質制限ダイエット
サイト内検索:
Pocket

ダイエットに成功したと思ったら、たるんだ皮がなんとも言えず、悩んでしまったという経験がある方はいませんか?

せっかく、苦労して痩せたのに、それが原因で見た目が悪くなってしまっては悲しいですよね。

実は、急激なダイエットには、皮がたるんでしまうといったことは良くあることなのです。

そこで、せっかくダイエットして皮がたるんでしまうようなことにならないように、ダイエットと皮膚の関係について、簡単に紹介したいと思います。

b1

SPONSORED LINK
《3個セット》【CALOLINISH(カロリニッシュ)】好きな食べ物を好きなだけ食べても大丈夫!!夢のようなサプリ★【MAX STORE】《3個セット》【CALOLINISH(カ...
9,655円
【炭水化物シャットアウト】 × 【腸活】 この2つを同時に カラダへ発動!!...

Ads by 電脳卸

ダイエットと皮膚

なぜダイエットをすると皮膚がたるむのでしょうか?

人間の皮膚はもともと伸びる性質があり、ゴムのように伸び縮みすることで、私たちはスムーズに動くことができます。

太っていると皮下脂肪の量が増え、それを留めておくために皮が引き伸ばされてしまいます。

また、太っている期間が長いほど、皮下脂肪を減らしたとしても皮が伸びきってしまい、皮がたるんでしまうのです。

b2

例えば、3日間りんごだけなどの短期間でダイエットを行ったり、1日断食などといった急激なダイエットを行ったりすると皮下脂肪の減少スピードに皮が元に戻ろうと縮むスピードが追いつかなくなり、皮がだるんでしまいます。

また、長期間太っていた人や大幅にダイエットをした人も腕やお腹の皮がたるんでしまいます。

皮が再生する速度は4ヶ月から半年ほどだと言われているので、ダイエットの目標も4ヶ月から半年ほどの長期で計画してみると良いでしょう。

皮膚の戻る仕組み

たるんだ皮膚は絶対に戻らないわけではありません。

皮膚の細胞は新陳代謝により日々新たに作られていて、入れ替わっているので、体型が変わればそれに合わせて皮膚の状態を調節していく能力もあります。

そのため、体型の変化に比べれば、皮膚の再生には時間がかかってしまいますが、皮膚の状態も次第に体型に馴染んでいくものなのです。

b3

何日くらいで戻るのか?

解消法としては、たるみ改善体操やウォーキングやエアロバイク、水泳などの運動で体の体脂肪を燃やすことです。

筋肉トレーニングなどの無酸素運動と一緒に行うようにしてみましょう。

最低でも20〜30分は行う必要があります。

 

また、代謝が活発であればあるほど皮膚の再生もスムーズに進むため、年齢の若い人は皮膚のたるみも解消されやすく、逆に年を取れば取るほど解消に時間がかかってしまうとも言えます。

そのため、一概にどのくらいで戻るとは言えず、さらに、代謝を活発にするような運動やマッサージなどの刺激はプラスに、皮膚の再生を妨げるような喫煙などの習慣はマイナスに作用すると考えたほうがよさそうです。

ダイエット後のシワやたるみを防止

いかがでしたでしょうか。

苦労してダイエットして手に入れた体であれば、できれば皮膚もたるむことがないようにしたいですよね。

無理をせず、ゆっくりと体重を落とすようにしていくのが理想と言えます。

少しずつ、健康に痩せて、理想の体型を手に入れましょう。

SPONSORED LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

低糖質ダイエットでも食べれるスイーツランキング

  1. 低糖ガトーショコラ

    ガトーショコラのチョコの部分がビターチョコでさっぱり。また糖質が2.2gととっても低いのでご褒美として食べてもOKです。食べた中ではダントツの1位です。

  2. 低糖質チョココロネ

    大豆パンがモッチリとしていて弾力がありとても美味しいです。この店はビターテイストのチョコが非常に美味しいのでこのチョココロネも満足度高いです。糖質3.5g

  3. 低糖シュークリーム

    小さめなサイズで小腹が空いた時にピッタリです。生地はもっちりしていてクリームもさっぱりしていて美味しかったです!糖質2.1g