知っておきたい!糖質制限ダイエットと運動の関係

絶対成功する糖質制限ダイエット
サイト内検索:
Pocket

糖質制限ダイエットをしている人の中には、さらに体重を減らすために、運動をしたいと思っている人も多いと思います。

もちろん、糖質制限ダイエットの特徴は、運動をせずに痩せられることですが、それでも運動をすることで痩せやすくさせることができます。

b1

しかし、糖質を制限しているので、もちろんおすすめの運動、そうでない運動があります。

そこで、ここでは、糖質制限ダイエットと運動の関係について、簡単にご紹介したいと思います。

是非、参考にしてみてください。

SPONSORED LINK
《3個セット》【CALOLINISH(カロリニッシュ)】好きな食べ物を好きなだけ食べても大丈夫!!夢のようなサプリ★【MAX STORE】《3個セット》【CALOLINISH(カ...
9,655円
【炭水化物シャットアウト】 × 【腸活】 この2つを同時に カラダへ発動!!...

Ads by 電脳卸

ダイエットに効く運動

糖質制限ダイエット中におすすめな運動量は、週に2〜3回、軽いジョギング30分か1時間のウォーキングなどです。

または、有酸素運動ではなく基礎代謝をあげる筋トレに変えてみるのも良いです。

特に、糖質制限ダイエットは、タンパク質を摂取してよいダイエットのため、筋トレには最適と言えます。

ただ、糖質制限ダイエット中は、普段よりも運動をすると疲れやすいため、運動に疲れたら休憩するようにしましょう。

 

有酸素運動をすると、なぜ食欲をコントロールできるようになるのか?

やってはいけない運動

糖質制限中には、糖質の摂取量が減るため、実はストレスが溜まりやすくなります。

適度に摂取する糖質にはストレスを解消する効果があり、甘いものを食べると幸せな気持ちになるのもそのためですが、糖質制限中はこれが不足してしまうため、ストレスが溜まってしまうわけです。

そこに、過度な運動を加えると、ストレスホルモンを余計に活発にさせてしまうこともあり、ストレスの相乗効果で免疫システムにダメージを与えたり、神経の伝達物質を傷つけたり、逆に肥満の原因になってしまう可能性もあります。

そこで、糖質制限ダイエット中は運動のしすぎには注意をしたほうが良いでしょう。

痩せにくく、ストレスが溜まるだけでなく、それが原因で免疫系や甲状腺に影響が出る恐れがあります。

例えば、ボクシングは減量に向いていると言われますが、トレーニングは高強度の運動の繰り返しなため不向きと言われています。

また、100m走なども高強度の運動になります。

長時間の運動、激しい運動はできるだけ避けるようにしましょう。

b2

いかがでしたでしょうか。

糖質制限をしていると一定期間経過後に倦怠期というものがあり、なかなか痩せにくい期間があります。

そういった時に、無理に激しい運動をしてしまうと、実は逆効果になってしまう恐れがあるわけです。

糖質制限ダイエット中は、できるだけ軽い有酸素運動や、筋トレを行うようにして、無理なく健康的にダイエットを続けていきましょう。

SPONSORED LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

低糖質ダイエットでも食べれるスイーツランキング

  1. 低糖ガトーショコラ

    ガトーショコラのチョコの部分がビターチョコでさっぱり。また糖質が2.2gととっても低いのでご褒美として食べてもOKです。食べた中ではダントツの1位です。

  2. 低糖質チョココロネ

    大豆パンがモッチリとしていて弾力がありとても美味しいです。この店はビターテイストのチョコが非常に美味しいのでこのチョココロネも満足度高いです。糖質3.5g

  3. 低糖シュークリーム

    小さめなサイズで小腹が空いた時にピッタリです。生地はもっちりしていてクリームもさっぱりしていて美味しかったです!糖質2.1g