果物でこんなに違う!?果物の糖質量一覧

絶対成功する糖質制限ダイエット
サイト内検索:
Pocket

糖質ダイエット中は、何かと糖質量に気をつけなければいけませんよね。

ただ、果物の中でも、どれが糖質量が多くて、どれが糖質量が少ないのかといったことは、わかりにくいものです。

糖質ダイエット中は、糖質が少なくて、栄養の多い果物を摂取するようにしましょう。

b1

SPONSORED LINK
《3個セット》【CALOLINISH(カロリニッシュ)】好きな食べ物を好きなだけ食べても大丈夫!!夢のようなサプリ★【MAX STORE】《3個セット》【CALOLINISH(カ...
9,655円
【炭水化物シャットアウト】 × 【腸活】 この2つを同時に カラダへ発動!!...

Ads by 電脳卸

食べていい果物(100gあたり)

いちご:約7.5g

すいか:約8g

桃:約9g

グレープフルーツ:約9g

オレンジ:約9g

レモン:約9.5gです。

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類はビタミンなどの栄養素も豊富で、いちごなどもおすすめです。

b2

「果物を食べ過ぎたら太る」は本当?糖の種類の違いに秘密が

https://youtu.be/4W0EuuMFYhA

食べるとダメな果物(100gあたり)

梨:約10g

メロン:約11g

みかん:約11g

キウイ:約12.5g

りんご:約13g

ぶどう:約14.5g

パイナップル:約15g

柿:約15.5g

バナナ:約22.5g

です。

バナナは食物繊維が多くカリウムなど様々な栄養素も豊富ですが、その分糖質量が多いのが特徴です。

よくマラソンなどで、手軽な糖分補給のアイテムとして使われるので、知っている人も多いかもしれませんね。

ただ、バナナダイエットがひと昔前に流行ったので、ダイエットに向いていると思っている人もいるかもしれません。

糖質ダイエットの上では、できるだけ避けたほうが良い食べ物と言えます。

また、柿やりんごなども糖質が多く、栄養面では重要なビタミンの宝庫ですが、食べ過ぎには気をつけたほうが良いでしょう。

b3

いかがでしたでしょうか。

果物の中でも、糖質の量は様々です。

糖質量が少ない果物を選ぶようにすれば、糖質制限ダイエット中でも、果物を摂取することは可能ですし、また、ビタミンなどの栄養素もきちんと摂取することができます。

これらの糖質量を参考にして、糖質ダイエットを続けていきましょう。

果物を避けるよりは、糖質をきちんと管理することで、様々な栄養素を摂取し、健康的に痩せれば最高ですよね。

SPONSORED LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

低糖質ダイエットでも食べれるスイーツランキング

  1. 低糖ガトーショコラ

    ガトーショコラのチョコの部分がビターチョコでさっぱり。また糖質が2.2gととっても低いのでご褒美として食べてもOKです。食べた中ではダントツの1位です。

  2. 低糖質チョココロネ

    大豆パンがモッチリとしていて弾力がありとても美味しいです。この店はビターテイストのチョコが非常に美味しいのでこのチョココロネも満足度高いです。糖質3.5g

  3. 低糖シュークリーム

    小さめなサイズで小腹が空いた時にピッタリです。生地はもっちりしていてクリームもさっぱりしていて美味しかったです!糖質2.1g